-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-26 23:06 | カテゴリ:仕事日記
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:仕事の話あれこれ♪


今日は昔の職場の同僚さんが独立されて開業されているスクールへ。

というのは、私が書道教室できる場所を探しているというお話をしたら

ご友人を紹介していただけるということで、お会いしてきました。


メインで書道教室をするのは私の母になりますが、

私も師範免許を持っているのでサブ的な役割をする予定で考えています。


子連れで行ってもいいとありがたく了解していただいて

早速お会いしてきました。

ブライダル関係のお仕事をされているという、とっても感じのいいご夫婦さん。


書道教室できる場所を2箇所ほどご紹介頂いて、

さっそく問い合せたり見学させてもらったりする予定でお話してきました。

帰宅後、母に話したら母も前向きに検討していくようだったので

予算や曜日等、条件がうまくあえばいいなぁというところです。



そして書道教室とは別に、

お二人が企画されている件でinfe.elにもお仕事のご依頼を頂きました。

結婚式という新郎新婦お二人の絆だけではなく

おじいちゃんおばあちゃん、孫、曾孫・・・と家族の絆、つながりを大切にという

趣旨での家族向けイベントを企画しようとされているとのこと。

(多少私の理解と説明がずれているかもしれませんが)

そこで、上映する動画制作をお願いできたらと素敵なお話を頂きました。



最近は、映像制作もどんどんすごい技術で進歩していて

低価格でこったものが出てきています。

私が大切にしていること

〔誰もが見やすく、シンプルだけどみんなの心を動かせるムービー〕

正直、それでは通用しなくなってきたかな・・・と思ったりもしていました。

でも、これまで私は、私と同じような想いを持っている方のために

お手伝いができればいいと思って、ポリシーは貫いてきました。


ブライダルのお手伝いをさせて頂く上でも私が大切にしたきた想い。

私自身の結婚式でも大切にしてきた想い。

その想いをまだまだ活かせるところがあるんだと自信がもてました。


私がやりたかったこと。

ブライダルだけではなく、還暦のお祝いやお子様のお祝い、心癒す動画、

未熟ながらも映像制作を通して、何か人々の心に届けられたらと・・・。


また、「仲間をつのって一つのことをやっていきたい」とおっしゃっていた想い。

すごく共感したんです。

私は今一人ですが、本来は仲間で苦しみをわかちあい幸せを感じ達成感を味わいたい。

そういうタイプなんです。

infe.elとしてこれまでやってきたこと、私のできることを活かして、

仲間に入れていただけたらすごく光栄だなと思いました。

まだ実際に何もはじまっていないので、どうなるかわかりませんが、

そんな素敵な出会いに感謝です。



前の仕事を辞めてから、子供を産んでから、

ビジネス的な話とか、夢とか目標とか熱い想いとか、話すような関係がなかったから、

なんだか物足りなかったんです。

最近、いろいろ動き出して少しずつ出会いもあって、

やりたいこと、自分の思いをカタチにしようと頑張っておられる方々に出会って、

人生を良くしようとか、自分を向上しようと努力されている方々に出会って、

目指すところはちがえど、同じように前向きに進もうという想いがある方達との

出会いは楽しくて刺激的で、さらに私に拍車をかけてくれます。


やっぱり私は、こういう世界にいたい!!そう思えます。

家事と育児しながら大変ですが、疲れない程度に動いて、

もっとたくさんの素敵な出会いをしていけたらと思います。

違う世界の方と話してみる、とか、

それだけで今はなんだか人生楽しくなってきたところです。




長くなりましたが、、、そんんわけで

マークさん、ありがとう☆ (マークさんのブログ⇒http://ameblo.jp/2011-mark/

Mご夫妻、ありがとうございます☆

そして、これからもよろしくお願いします。




スポンサーサイト
2012-10-04 21:43 | カテゴリ:仕事日記
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:☆個人事業主☆

先日ちょこっとお知らせしていました

ブライダル関連事業の特別サイトを作りました。


コチラ⇒ infe.elのブライダル事業サイト


これまでの映像制作に加えて、音楽制作を加えております。

サイトに記載してある内容だけでなく

映像・音楽に関することであればご相談に応じます。

お気軽にお問合せください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。